豆うちわ 並型 【信頼】 鱗 ピンク 大人女性の

豆うちわ 並型 「鱗」(ピンク)

豆うちわ 並型 鱗 ピンク 大人女性の 616円 豆うちわ 並型 「鱗」(ピンク) バッグ・小物・ブランド雑貨 ハンカチ・ハンドタオル ハンドタオル 豆うちわ 並型 鱗 ピンク 大人女性の 並型,バッグ・小物・ブランド雑貨 , ハンカチ・ハンドタオル , ハンドタオル,豆うちわ,musashidojo.com,「鱗」(ピンク),616円,/homiletics1540228.html 616円 豆うちわ 並型 「鱗」(ピンク) バッグ・小物・ブランド雑貨 ハンカチ・ハンドタオル ハンドタオル 並型,バッグ・小物・ブランド雑貨 , ハンカチ・ハンドタオル , ハンドタオル,豆うちわ,musashidojo.com,「鱗」(ピンク),616円,/homiletics1540228.html

616円

豆うちわ 並型 「鱗」(ピンク)






※4点までネコポスのご利用が可能です。5点以上は宅急便での発送となります(宅急便の送料を頂戴します)。

※柄の出方が1点1点で異なります。
※大きさの都合により、うちわ単独でのギフト箱(別売)のご利用はできません(手ぬぐい等とご一緒であればギフト箱がご利用頂けます)。


サイズ:約18.5×11.5cm
素 材:綿(表)・紙(裏)・竹(持手)

~手ぬぐい豆うちわ~



国内でうちわ職人がひとつひとつ手作りした豆うちわです。うちわ面と持ち手が別々に作られており、持ち手の溝にうちわ面が差し込まれている「差し柄(さしえ)」の構造になっています。





うちわの表面には手拭の生地を使用しています。また、裏面には厚手の紙を貼っていますので、小さくても思いのほか丈夫で、さわやかな涼を感じることができます。




小ぶりなので、鞄の中に入れておいてもかさばりません。また、お部屋に飾るインテリアとしても可愛くておすすめです。





定型の長形3号の封筒に入る大きさですので、夏のお便りと一緒に送るのも良いですね。




※モニターの発色の具合により実際の商品と色が異なる場合がございます。

豆うちわ 並型 「鱗」(ピンク)

がん治療

最近、【がん難民】という言葉をよく耳にします。民間研究機関の調査ではがん難民が、がん患者の半数以上の推計約68万人以上に上るとしています。ここでの【がん難民】の定義は「医師の治療説明に不満足、または、納得できる治療方針を選択できなかった患者さま」としています。
納得できる治療を求めて悩んでいるたくさんのがん患者さまに対して、当院では「がんは不治の病ではない」「アプローチは一つではない」「何かできる治療はないか?」あらゆる角度から進化しているがん治療を用いて「あきらめない治療」を科学的根拠(治療前後のPET/CTなど最新の画像検査によるエビデンスの取得など)に基づいて実践しております。

乳腺外来

宇都宮セントラルクリニック乳腺外来は、乳がん健診をはじめとした、乳腺に関する疾患を専門に扱う女性専用の乳腺外来です。 日本ではまだ少ない3Dマンモグラフィー(トモシンセシス)や、乳房専用PET検査装置であるPEMやABVS・Volparaなどを導入し、精度・信頼性ともに高い世界水準の乳がん検診を、患者さまに負担をかけずに行うことができます。 また、乳腺外来として、乳腺分野の専門医を揃え、乳腺にしこり・腫れなどを感じた方のための適切な検査・処置を行うことが可能です。

人間ドック・健康診断

当院では皆さまの健康管理にお役立ていただけるよう、自由診療として様々なドックメニューをご用意いたしました。
全身のがんの検索に有効なPET検査や脳・心臓に特化したコース、女性専用のコースなど充実したメニュー構成となっております。どうぞご自身にあったメニューをお選びください。尚、ご不明な点がありましたらお気軽にお電話にてお問い合わせください。
(ドック直通電話028-657-7302 受付時間10:00-17:00)

メディカルクラブ

皆健康長寿であり続けていただく為に、圧倒的な診断力で、会員様にあった最高峰の医療・検査を提供するメディカルクラブです。
会員様お一人おひとりに合わせた検査・治療のご提案や、国内外に及ぶ当クラブの医師ネットワークによる最先端の医療アドバイスが可能です。会員様の担当医は「顧問医」としてお一人おひとりに合わせた個別化医療を提供いたします。

がんと診断された方へ

セカンドオピニオン

納得して治療法を選択することは、
患者様(あなた)の持つ
基本的な権利だと考えます。

皆さまの健康管理をひとつの場所でずっと記録・管理し、ひとり一人に合った適切な予防医療や医療サポートを適時プランニングし、ご提案してまいります。
セカンドオピニオンとは主治医を変える事ではなく、自分の病気・病態について最善だと思える治療を判断する為に、専門の別の医師の意見を聴くことです。
主治医を変える訳ではありませんので、担当医との関係悪化を懸念してセカンドオピニオンを言い出せない等の心配はございません。
ご自身が納得される治療法を選択する為にも、セカンドオピニオンにて治療法のメリット・デメリットを確認して納得される事が大切です。
治療の選択肢が広がれば患者さまの希望に繋がると考えます。
詳しく見る